京都聖母女学院短期大学

文字サイズの変更
文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大

大学概要

公的研究費の管理・運営に関する取り組み

京都聖母女学院短期大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(2007年2月15日文部科学大臣決定。2014年2月28日改正)に基づき、本学における科学研究費補助金等公的研究費を適正に管理・運営するための体制を整備し、学究活動の健全な発展に取り組んでいます。
なお、今後の運用に際しては適時見直しを行い、よりよい体制にすべく努めてまいります。

機関責任体制

最高管理責任者

短期大学全体を統括し、科学研究費補助金等公的研究費の運営・管理・執行について最終責任を負う者を学長としました。

総括管理責任者

最高管理責任者たる学長を補佐し、科学研究費補助金等公的研究費の運営・管理について短期大学全体を統括する実質的な責任と権限を持つ者を法人事務局長としました。

コンプライアンス推進責任者

部局における科学研究費補助金等公的研究費の運営・管理について、コンプライアンス推進の実質的な責任と権限を持つ者を学科長、短期大学事務センター長としました。

機関責任体制図

公的研究費の管理・運営

・短期大学全体の観点から不正防止計画の推進を担当する部署として、最高管理責任者直属とする防止計画推進委員会を設置します。

京都聖母女学院短期大学 公的研究費運営管理規程
[PDF:119KB]

・科学研究費補助金等公的研究費の使用について規程と要領を定め、機関としてのルールを統一し明確にしました。

京都聖母女学院短期大学 科学研究費補助全取扱基準
[PDF:128KB]

不正防止の取り組み

・本学と学校法人(監査室)が連携を取り、不正防止に取り組みます。

・最高管理責任者は、公的研究費の不正防止等に関する基本方針を策定し、研究費の運営・管理に係る不正を発生させる要因を探り、 これに対応する具体的な不正防止計画に基づいて当該計画の進捗管理を行います。

・競争的資金等の運営・管理に関わる全ての構成員を対象にコンプライアンス教育を実施し、また「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(2014年8月26日文部科学大臣決定)に基づき、研究者が研究倫理教育を受講すること等を規定しています。

京都聖母女学院短期大学 研究活動上の不正行為の防止等に関する規程
[PDF:101KB]

・公的研究費の適正な遂行のため取引業者に対して不正防止の協力を求め、誓約書の提出や取引停止等の措置を行う場合があります。

・学校法人聖母女学院監査室は、公的研究費の運営・管理に関する内部監査内規に基づきモニタリングを実施し、最高責任者への報告、防止計画推進委員会への助言、コンプライアンス教育への反映等を行います。

相談窓口

内外からの科学研究費補助金等公的研究費の使用、及び事務処理手続に関するルールの窓口を、短期大学事務センターとしました。

相談窓口:京都聖母女学院短期大学 事務センター

〒612-0878 京都市伏見区深草田谷町1番地
TEL:075-643-6781㈹   E-Mail:soumuka@jc.seibo.ac.jp

通報窓口

内外からの科学研究費補助金等公的研究費に係る不正行為に関する通報窓口を学校法人聖母女学院監査室としま
した。

通報窓口:学校法人聖母女学院 監査室

〒612-0878 京都市伏見区深草田谷町1番地
TEL:075-641-0507㈹   E-Mail:audit@seibo.ed.jp

学校法人聖母女学院 公益通報規程
[PDF:272KB]

  • 建学の精神と沿革
  • 学長からのメッセージ
  • 学びのポイント
  • 全学共通科目
  • 情報公開
  • 公的研究費の管理・運営に関する取り組み
  • 第三者評価

ページの先頭へ戻る